お知らせ

Information

同志社大学政策学部の皆様が一閑張の体験にお越しくださいました

2021年04月03日

伝統工芸 飛来一閑泉王子家一閑張の14代家元 尾上瑞宝です。

 

京都西陣のアトリエへ、同志社大学政策学部の皆様がお越しくださいました。国際協力やSDGsをテーマに研究されている岡本由美子教授と、 岡本ゼミの学生さん5名です。今出川の駅にある同志社大学は、地下鉄で言えばお隣の鞍馬口駅にあります当アトリエとは、お隣さん(?)ということになります。

 

アフリカと一閑張

 

みなさんが研究されているのは、ウガンダ現地の方たちの生計向上だそうです。ウガンダの珈琲農園の農家さんたちと、学生さんたちがやり取りをして、経済的・社会的な地位向上を目指して活動されているとのこと。今回は、ウガンダの現地の方の生計向上のために、 一閑張の手法を使って 何か作れるものがないか、と 模索する一環でお越しになりました。遠いアフリカの国ですが、他人事ではありません。

 

アフリカのウガンダと聞いて、私が思い出すのは、タンザニアです。以前、一閑張を当アトリエへ習いにきてくださっていたタンザニアの小学校の先生がいらっしゃいました。日本にもたびたび訪れた際に、必ず一閑張を習いにきてくださり、私のほうからは、作り方や子供の指導の仕方などを教え、タンザニアに持ち帰っていただいたのです。

 

さて今回は、そんな同じアフリカの、ウガンダという国とのコラボレーション研究のためにお越しいただいたわけです。学生さんのアイディアと、そしてウガンダ現地が必要としているもの、この両方をうまく融合した何かが作れないか、というのが岡本教授の思いを伺って、なるほど、と思いました。日本だけの一方的な押し付けではいけませんものね。

 

ウガンダの場所:

 

初めての一閑張


とはいえ、学生の皆さんは、一閑張が初めてとのことでした。前半は、一閑張の歴史や、どんなものであるかをお話しいたしました。単純に技術ではなく、400年受け継いできた精神が今もなお大切にされていること、お出会いの大切さ、などお話しすると、みなさんにこやかに聞いていただいていたようです。

 

5名の学生の皆さん、それぞれ違うものを作ってみたい、ということで、後半は実際に一閑張を体験していただくことになりました。みなさん、それぞれ個性的なアイディアが生まれました。
・柄付きのお盆
・ギターのピック
・バナナを持ち運ぶケース
・花瓶
・コースター

 

実は、私も昔、バナナを入れるケースを作りたくて挑戦したことがあるのです。2・3歳のころから一閑張で自分のおもちゃ作りをしていた私ですから、もう65年以上。こういった変わったものでも、意外に作ったことがあったりします。話は脱線しますが、バナナって、大きさや長さや曲がり方が、それぞれ違って、決まった形のケースをつくるのってとっても難しいんですよ。

 

はい、脱線しました。体験レッスンでも、よく脱線します。話しだしたら止まりません。

 

話を戻しますと、そんな、みなさんのそれぞれのご希望にできるだけ答える形で、それでも限られた時間内にできることを今日はチャレンジしました。バナナケースだけは色々と検討が必要なのですぐに取り掛かれないため、今日の体験では別のものをつくることになりました。新型コロナ対策のため2部屋に分かれて作業をしていただきました。

 

一閑張体験の流れ

 

みなさんには、天然のでんぷん糊を練るところからスタートしていただきます。作りたいものにあわせて、糊の濃さ・薄さは少しづつ変えていきます。

その後は、作るものによって異なりますが、型どりや準備をしていきます。使う和紙の種類や厚み、色、特性は、作りたい物の数ほど組み合わせがあります。

 

こちらは葉っぱの形のコースターの型どりですね。

 

こちらは花瓶のための型どりです。

 

一閑張体験のメインはなんといっても、紙を貼り重ねる工程です。単に貼り重ねるだけに見えますが、割と個性やその人の物事への視点が反映されるものです。一人一人、進め方も、ミスの仕方も違うんです。だからこそ面白いのです。「一閑張には失敗はないよ」といつもお伝えしています。紙や作品がどんなことになろうとも、修正や軌道変更ができるんです。何事も経験し、失敗を失敗とせずに生きる糧にしながら、そしてトライ&エラーで軌道修正しながら、というのは一閑張と人生の大きな共通点なのです。そんなことも体験する皆さんには学んで欲しい、という気持ちでいつもレッスンしています。

 

こちらは、ギターのピックをつくるため、同じ形の紙を何枚も貼り重ねています。

 

こちらは紙と、西陣織の糸をデザインしています。どんな風になるのでしょう?

 

ざっと流れを早口でお伝えしましたが、この後は、乾かす工程があります。場合によっては、乾いてからまた別の作業を積み重ねたりします。乾いてみないと、実感が沸かないものですよね。乾燥工程には、二日ほど、ものによってはもっとかかりますので、皆さんにはまた次回来ていただくことになりました。

 

乾いて、完成をお楽しみに!

 

岡本教授のお話しの中で、SDGsや環境問題が大きな話題を呼ぶ昨今、プラスチックではなく自然な素材で作る一閑張というところ、またその場にあるものを捨てずに大事に生かしてモノづくりを行う所に目を付けていただいた、というお話しがありました。また一閑張の”こうしなければいけない”がなく、学生さんそれぞれの考えで進めていけることに魅力を感じたとおっしゃっていただき、本当に嬉しく思いました。

 

一閑張体験はこちら

2020年一閑張 瑞宝一門の作品展を開催いたしました(京都)

2020年11月01日

飛来一閑泉王子家の一閑張は、400年前に飛来一閑が考案した、和紙を張り重ね器や生活必需品を制作する技術です。和紙を張り重ねることで丈夫な構造となり、さらに軽いことから非常に重宝されました。また一閑張は、和紙で修理しながら物を大切にしながら使う文化ともいえます。技術と共に、人としてあるべき精神も当時より口伝で伝えられ、現在も、技術及び精神が14代目まで受け継がれています。

 

江戸時代に徳川家の生活道具を作り、多くの一閑張がつくられ、使われておりましたが、江戸幕府衰退のころから、産業革命とともに、大量生産やプラスチックの出現により、一閑張は衰退の一歩をたどりましたが、昨今、プラスチックの削減などが叫ばれるSDGsの時代となり、一閑張の技術と精神は、文化として見直される時代に入りました。


その技術と精神、文化を伝えるべく、これまで2004年より行ってまいりました展覧会を2020年もぜひ開催したいと考えておりました。新型コロナによって2020年の展覧会は開催できぬものかと懸念しておりましたが、この度、秋の開催を実現することができました。

 

京都の町家で開催しました

場所は、町家スペースをお借りしました。

京都府京都市中京区衣棚通押小路上る上妙覚寺町230-1

 

 

気持ちの良い秋晴れの中、開催することができました。 

(御所にて)

会場の雰囲気

 

 

 

 

 

 

一門の展示作品

みなさまによる一閑張作品を多く展示させていただきました。

ごく一部の写真のみ掲載をご了承くださいませ。

 

 

講演会も同時開催しました

素晴らしい二人の先生をお招きし、一閑張作品展の会場において、講演会も実施しました。

 

講演会【冨田先生】
日程:10月28日および30日の2回
演者:元京都大学宇宙物理学教室 冨田 良雄 先生
題名:「京都・一閑張と天文学」

冨田先生には、宇宙のお話しから、一閑張の歴史、京都アトリエ周辺の歴史、まで、時空を超えた内容をうまくつなげていただきご講演いただきました。宇宙の仕組のデモや、吉宗の天体望遠鏡の模型までご用意いただき、理解しやすいお話しでした。また、ネットや机上だけではなく、自分の目で見て、足で歩いて、真実を調べることの大切さを教えていただきました。

 


講演会【田村先生】
日程:10月31日の1回のみ 
演者:滋賀大学国際交流機構特任講師 田村 あずみ 氏
題名:「『不安の時代』の抵抗と、日本伝統文化の精神」

与えられたゴールに向かって決まったレールを歩むことができないこの時代、私たちは自己責任だけでは問題解決できない世界に、不安とともに生きています。一閑張のような伝統工芸の世界に宿る「人とモノ」と対等な対話、指先で考える事が、私たちに大切な事を語りかけます。個性を持ちつつ、つながりあっていく個。ポストコロナの生き方を探るのにふさわしいお話しをいただきました。

謝辞

皆様、このたびは、伝統工芸 飛来一閑 泉王子家 一閑張の作品展にお越しいただきありがとうございました。

 

感染を考慮しまして人数制限したこともあり、来場者の方々に交流を深めていただくことができ、「楽しかった」「ひさしぶりにゆっくり話ができて良かった」とのお声をいただくことができました。

 

皆様に喜んでいただくことができ、感謝感激しております。

 

ご来場いただきました方々、また準備をお手伝いいただきました皆様に、心より感謝申し上げます。

 

14代家元 瑞宝

一閑張体験および教室へお越しいただいた方のご紹介

2020年10月19日

一閑張体験では、小さいもので1~2時間くらいで完成する小物から、半日~一日ほどで完成するものまで、お好きなものを和紙で製作していただけます。

 

また教室では、好きな頻度で通っていただき、ご自宅にある古いものを修復したり、お作りになりたいものを丁寧に制作していただくことで、一閑張の技術や精神について学んでいただけます。

 

最近のお客さまによる「体験」と「教室」の例をご紹介させていただきます。

 

①一閑張体験:つばき

②教室:ティッシュケース

 

①一閑張体験:つばき

島根県からいらしていただきました。一閑張体験ということで、こちらをお作りになりました。

 

体験の前に、何をお作りになりたいか、相談させていただきました。椿がお好きということで、和紙の「立体の椿」に決まりました。

 

椿の型を用いて、和紙をたたきながら積み重ねていきます。型の線や凹凸がきれいに出る技術をお伝えしながら進めていきます。貼り重ね、修正も重ね、できあがります。このように、初心者の方でも、数ある伝統技術のひとつを、ご体験いただけます。

 

 

型に和紙を重ねていきます。だいぶ詰まってきました!

 

集中していただき、1時間ほどで完成しました!きれいに線が出ています。体験いただいた方にお似合いの、可愛いピンクの椿ができました。

 

 

一閑張のイヤリングもご購入いただきました。「朱珠」をお選びいただきました。ご本人の雰囲気にも、素敵なストールにも似合っています。

 

 

小皿、可愛い籠などお好きなものを自身でお作りいただける
「一閑張体験」や「教室」を開催しております。

初心者の方でもお気軽にご参加いただけます。
ぜひ伝統技術の奥深さやその醍醐味を楽しんで味わって下さい。

 

一閑張体験の詳細

 

 

 

教室:ティッシュケース

大阪から通っていただいているKさんです。はじめての一閑張です。明るい気持ちになるオレンジ色をお選びいただき、ティッシュケースの制作をスタートされました。編みデザインをご提案させていただき、お気に召していただきました。編みデザインのベースとなる1本1本の紙帯をご準備していただくところから始まります。

 

1本の帯をつくるため、何枚か紙を貼り重ねて強度を出します。これを何本も作ります。

 

頑張ってます。徐々に帯が増えてきました。

 

沢山できれば、これを箱の形になるように編んでいきます。この日は、ここまでで終了しました。次回また続きですね!

 

続きを乞うご期待!

 

 

 

伝統工芸 飛来一閑 泉王子家 一閑張HPリニューアルOPEN

2020年08月12日

HPをリニューアル公開しました。
一閑張の歴史

泉王子家の歴史
明治・江戸から現存する貴重な一閑張について
作品へのこだわり
装い新たに掲載をしています。

また、イヤリング・ピアス・かんざし・キーホルダー等、遠方からでも一閑張の良さを手に取っていただけるよう
オンラインショップもOPEN≫いたしました。

 



 

 

小皿、可愛い籠などお好きなおのを自身でお作りいただける
「一閑張体験」や「教室」も開催しております。

初心者の方でもお気軽にご参加いただけます。
ぜひ伝統技術の奥深さやその醍醐味を楽しんで味わって下さい。

 

一閑張体験の詳細

 

再開における新型コロナ対策について(一閑張教室・体験)

2020年06月01日

伝統工芸一閑張のお教室および体験を、感染対策の観点からお休みいただいていましたが、再開いたしました。

 

一閑張を半日または1日で試作する「体験」や、より本格的に一閑張工芸を習うことができる「教室」を開催しております。アトリエでは、消毒や対策を行っております。ご安心してご来所いただければと存じます。

 

新型コロナの対策のため、下記を実施して開催しています。

・次亜塩素酸水を入口およびテーブルに常備しております。
・気温より、窓を開放し、風通しを良好にしております。
・講師は常時マスクを着用しております。
・発熱など新型コロナのような症状が出た方のご来場はお断りしております。

 

 

小皿、可愛い籠などお好きなものを自身でお作りいただける
「一閑張体験」や「教室」を開催しております。

初心者の方でもお気軽にご参加いただけます。
ぜひ伝統技術の奥深さやその醍醐味を楽しんで味わって下さい。

 

一閑張体験の詳細

 

 

伝統工芸一閑張 臨時休業のお知らせ(新型コロナ対策)

2020年04月10日

 

この度は、新型コロナウイルスの広がりにより、一閑張のお教室に通ってくださっている方々や、体験を受けてくださる皆様のご健康を第一に考えまして、一時お休みをいただく運びとなりました。

 

休業期間は4月18日~5月6日となります。京都のアトリエへお越しいただく場合も、表の扉も締まっております。

 

大変、ご迷惑をお掛けしますが、何卒、ご理解の方賜りますようお願い申し上げます。

 

無事に再開し、またみなさまにお目にかかり、一閑張のお教室や体験でご一緒できますこと、楽しみにしております。

 

伝統工芸 飛来一閑 泉王子家 一閑張

14代目 尾上瑞宝

アトリエ夢一人

 

ラジオミックス京都に出演しました

2019年11月22日

2019-11-22 オンエア
ラジオミックス京都「KYOTO RIVERSIDE WALK ~Weekend!!~ 」様へ

出演をさせていただきました。

 

 

 

詳細はこちら

 

 

 

入江敦彦さんの著書「京都でお買いもん」に掲載されました

2011年08月07日

京都出身、イギリス在住のエッセイスト、小説家である入江敦彦さんが出版されたこちらの本に一閑張を掲載していただきました。

京都でお買いもん ―御つくりおきの楽しみ―

 
入江敦彦/著

 
「ピクニック茶匣 一閑張 泉王子(十四代)
紫野の一閑張「夢一人」で百二十年前の籘の帽子ケースを茶匣に仕立てていただく」

という章に、当アトリエにて仕立てました一閑張をご紹介いただきました。

 

 
 
 
 
1 2
  • 伝統工芸 飛来一閑 泉王子家 一閑張 アトリエ夢一人
    〒603-8223 京都市北区紫野東藤ノ森町11-1 藤森寮 南棟2階(鞍馬口智恵光院東南角)地図
    休業日 不定休(営業日につきましては、お問合せください) 14代 尾上瑞宝 TEL 075-431-3632・FAX 075-331-6675

雲01

雲02